あとせっかくなので

年始のイラスト、仕事場じゃなかったので画材がないなかカラーにしようとした結果。失敗しました。画材がなかったせいで失敗したんです!!そうなんです!!

20160104-002834.jpg

One comment

  1. 一般青年マンガ雑誌 執筆依頼【竹書房 第三編集部 町田】

    宮下裕樹様

    突然のメール、失礼いたします。
    はじめてメールを差し上げます。
    私、竹書房という出版社で青年漫画誌「ナマイキッ!」と
    「月刊キスカ」の編集をしております町田 悠真と申します。

    メールアドレスがなかったため
    大変ご迷惑かと考えたのですが
    こちらのメッセージフォームに
    お仕事のご依頼をさせていただきました。

    宮下様の作品
    「東京カラス」をいつも楽しく拝見しておりました。
    元々都市伝説が好きであらすじにひきこまれ、
    ダイナミックな演出、そして構成力に惹かれて
    いつも楽しく読んでおりました。
    何より井黒が可愛かったです!
    彼女目当てでずっと読んでおりました。
    そして「リュウマのガゴウ」の先が気になりすぎる展開、
    ファンタジーという難しいジャンルを真正面から描き、
    それでいて読んでいると非常にワクワクさせる演出に
    驚かされます。

    これほどまでに実績がある宮下様に
    あえてコメディよりの
    キャラクターに特化した作品、後輩キャラや方言女子、
    もしくはメイド系やお姉ショタモノ系の萌え、
    またはサスペンスを全面にだした作品を強く読んでみたいと思いました。
    強く読んでみたいと感じ、
    弊社の青年誌「ナマイキッ!」及び「月刊キスカ」で
    漫画を執筆して頂けないかと思い、
    メールをお送りいたしました。

    ◎ナマイキッ!について
    青年誌で、アダルト系の作品が少し多い一般の青年誌になります。
    具体的にはヤングアニマル嵐
    (130万部以上売れている無邪気の楽園などが有名)や
    ヤングジャンプやヤングマガジンで掲載されている
    セクシー路線の作品を集めた、
    一般向けのマンガ雑誌です。
    アニメ化もされた監獄学園が
    イメージしやすいのではないかと思います。
    ただ、お色気表現強めの作品だけではなく
    爽やかな青春ものや、王道をいくような作品など
    多く揃えていきたいと考えております。

    宮下様にはまずは読み切りないし、連載作品が
    作れないかと考えております。
    弊社の雑誌は当初、ライトアダルト系の雑誌でしたが
    そこから夏に完全に一般誌へと移行致します。
    新たな船出となる弊社の雑誌に、宮下様に是非ともお力添えをして頂きたいと考えております。

    やって頂きたい方向性としては
    キャラクターをメインにした
    まず1つに
    青春系の恋愛モノや、ギャグコメディ、
    ラブコメディ的なお話のような作品が
    出来ればと考えております。
    手品先輩やだがしかしといったコメディよりや、
    方言系の女子や文学少女を取り扱ったモノ、ご当地モノや
    純愛系、メイドを題材にしたモノも
    すごくあっているのではないかと思います。

    2つ目に男性キャラが立った作品、
    レオンのような作品です。
    紅の豚のようなインパクトあるキャラでレオンのような
    年の差の恋愛や中年の魅力を描いた作品も読んでみたいと思いました。

    3つ目にサスペンスです。羊たちの沈黙や、プリズンブレイクのようなサスペンスも非常に合っているのではないかと思いました。

    ◎月刊キスカについて
    ヤングジャンプやヤングマガジンのような
    一般的な青年誌でございます。
    『人狼ゲーム』という漫画が40万部を突破、
    「大きい女の子は好きですか?」という作品は
    10万部以上突破するなど、コンスタントにヒット作も
    出している雑誌でございます。
    ジャンルもサバイバルからラブコメまで
    多種多様なジャンルを取り扱っております。
    つい最近、創刊3周年を迎えた雑誌ですので
    この色じゃないとダメ!というよりも面白く、
    売れるものをどんどん雑誌に載せて行くスタンスです。

    現在大きな転換期にきており、
    より多くのジャンルを取りそろえた雑誌にするべく
    新規連載作品や読み切り漫画を精力的に探しており、
    掲載を確約できるわけではありませんが、
    かなりチャレンジができる雑誌ではないかと思います。
    連載会議が他社さまではあったりして、大幅に掲載の有無が
    遅くなったりしますが、
    弊社の場合はその辺りは
    スムーズ(雑誌作業で多少前後しますが…)なので、
    すごくお待たせさせることは少ないと思います。

    「ナマイキッ!」と同じく
    宮下様には読み切りないし連載を
    目指した作品を一緒に作っていきたいと考えております。
    ナマイキッ!と同じく、他に何かやりたいものがあれば
    是非ご相談できればと考えております。

    ◎スケジュールについて
    連載も抱え、他社様のお仕事との兼ね合いで
    スケジュールも厳しいかと存じますが、
    私としては、たとえ数年先のお話となったとしても
    宮下様とお仕事したいと考えております。
    宮下様が描きだすキャラクターたちの意気揚々とし、
    魅力あふれる姿に感銘を受けており、
    宮下様と一緒にお仕事がしたいと強く感じております。

    不躾な打診で大変申し訳ございませんが、
    是非一度ご検討いただければ幸甚に存じます。
    なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    株式会社竹書房
    〒102-0072
    東京都千代田区飯田橋2-7-3
    TEL 03-3234-6267
    FAX 03-3261-0751
    第三編集部
    町田 悠真
    machita@takeshobo.co.jp
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。